安価で生産拠点を確保|カフェを開業して夢の実現を目指す|憧れの独立

カフェを開業して夢の実現を目指す|憧れの独立

スーツの人達

安価で生産拠点を確保

男女

中小企業に多い形態

大阪市にある工場のうち、約3割は貸工場という統計があります。さらに東大阪市では、約半数が貸工場になっています。事業規模で見ると、大阪市では従業員数4人以下の事業所が約7割であり、また個人営業と資本金1000万円未満の会社が9割以上を占めています。もちろん大企業の拠点も置かれていますが、中小企業の数の多さが大阪の特徴のひとつと言えます。大阪市内に生産拠点を置くことは、顧客との距離が近いので細かい対応がしやすい、原材料の調達が容易、同業者が多く融通が利くなど、いろいろな利点があります。その反面、地価が高いという側面もあり、新規に工場を取得するのが難しいときは、貸工場を利用するのが便利です。

柔軟性が大きなメリット

貸工場は初期費用を抑えられる点が最大のメリットと言えます。大阪のように地価が高く、広い土地を手に入れるのが困難でも、少ない資本で開業できます。また簡単に移転できるというメリットもあります。受注先が移転した場合や、環境規制などで従来の営業が続けられなくなった場合、自社工場では移転にかかる時間もコストも大きなものになります。貸工場の柔軟性は、ベンチャーの新規開業にも向いています。一方、工場を貸す側については、後継者がいなくて不要になった工場を再利用できるというメリットがあります。またアパートやマンションに比べて管理費がかからず、賃料が築年数によって低下しにくいという利点もあって、新規に貸工場が建設されることもあります。